クレジットカード現金化の違法性について様々な議論がされていますが実際は利用者は今も昔もいて利用者が摘発されたことはありません。

クレジットカード現金化は利用しても違法ではない?

クレジットカード現金化はそもそもカード会社の利用規約で禁止されていて発覚すればカード解約になってしまいます。

クレジットカードで購入した代金は一度カード会社が立替えています。もし商品がない架空の取引で現金化してしまえば犯罪になってしまいます。詐欺罪が適用されると専門家も言っています。

しかしながらクレジットカード現金化を利用した方で逮捕されてしまった人は過去一人もおらず利用者は後を絶ちません。

なぜカード会社で禁止されている現金化が取締を受けないのでしょうか。

クレジットカード現金化で利用者が捕まらない理由

クレジットカードで購入した物を換金することは違法性はありません。換金をはなから目的としたクレジットカード利用が違法となるのです。

実際問題換金目的でクレジットカードを利用したかどうかを立証することは非常に難しく、現金化業者を利用したとしても商品を購入した特典をキャッシュバックしているだけなので取り締まることは非常に困難と言うわけです。

また現金化業者も摘発された事例はあっても現金化が違法とする法律もないので罪状は出資法違反で詐欺とかではありませんでした。ちなみにこうした現金化業者は商品を購入者に渡さずに架空の取引を偽装していたので摘発となりました。

ですのでキャシュバック付き商品を購入して受け取らなければ違法性が高まるので必ず利用したら商品の受け取りを完了させましょう。

クレジットカード現金化の仕組み【キャシュバック】

クレジットカード現金化は違法性の立証が難しい

昔からクレジットカード現金化の違法性の議論はされてきましたが結論は違法性は極めて低いがやり方次第では違法となりうるということです。

こうした事実があることからクレジットカード現金化はグレーな金策方法として取り沙汰されているのです。

換金目的の意思があるないは購入時点の話なので確かに証拠があるわけではありませんし言い逃れも簡単にできます。逆に購入して気に入らないから換金した場合でももし違法となるならばそれは混乱を生む結果となります。

何れにせよグレーなクレジットカード現金化ですから違法性の立証が難しいということで利用者が詐欺罪で逮捕される可能性はやはり極めて低いといえます。