クレジットカード現金化の業者に申し込むと身分証の提出が必要となります。

身元を明かさず利用することは不可能と言って良いでしょう。

クレジットカード現金化の業者を利用したいけどどうしても怪しい、怖いと思ってしまうと身分証など個人情報を渡すのも躊躇してしまいます。

なぜ身分証を提出しなくては行けないのでしょうか。利用後に迷惑な連絡や嫌がらせがあるのでしょうか。

クレジットカード現金化は身分証なしには利用ができない理由

クレジットカード現金化は業者の指定する商品を購入することで還元される現金を受け取ることでショッピング枠を現金化します。

これだけ聞くと身分証の提出は必要ないと思えます。たしかに買い物してキャシュバックを受け取るだけなら本人確認は必要なく感じます。

しかしそれは紛れも無く本人が申込をして本人名義のクレジットカードを利用した時に当てはまることなのです。ですから他人名義のクレジットカードを勝手に利用してしまった際にトラブルになってしまうので、確実に本人の申込で自分名義のクレジットカードを利用しているかの確認を業者も取っているのです。

身分証を提出しなければ犯罪に利用されてしまう可能性もある

盗難、紛失したクレジットカードを不正に利用しようとする犯罪者少なからずいるものです。もし不正入手したクレジットカードを悪用されてクレジットカード現金化されてしまったら、そのとき本人確認が行われなかったらいとも簡単に現金化することができてしまいます。

以前本人確認なしのクレジットカード現金化業者が存在しましたが半年後にはいなくなっていました、また他の業者では始めは身分証の確認を取っていなかったですがすぐに提示を求めるようになりました。本人確認が無い現金化業者を知り利用しましたがすでに身分証の提示を求めるようになっていました。

このことからクレジットカード現金化は悪用されるくらい簡単にショッピング枠をお金に変えることができることがわかります。

クレジットカード現金化の身分証提示は不正利用防止の為だった

クレジットカード現金化の業者に申込をすると手続きが簡単で審査もなくその日の内に即日対応してくれます。

これだけ手軽であればもしクレジットカードを拾った場合、現金を拾ったと同じことになってしまいます。それを悪用する人は必ずいるので現金化業者もトラブルにならない様に身分証を確認して犯罪防止に努めているのです。

もし本人確認を行わないクレジットカード現金化業者が存在したらそれは詐欺業者か悪質な業者といえますので利用は避けるべきでしょう。