換金率はできるだけ高いほうが良いですよね?

それは利用金額が大きければ大きいほど当てはまるのではないでしょうか。5万円と20万円なら換金率の1%の差は現金化額面が500円と2000円です。50万円やそれ以上になれば1%の重みが全く異なってきます。

クレジットカード現金化の換金率を高める

クレジットカード現金化を業者に依頼してショッピング枠の換金する時は初めてならキャンペーンを適用したり交渉したりしてみましょう。他社よりも1%でも低い場合は交渉次第では換金率が上がります。

また問い合わせた際に対応の良い業者では2回目以降の換金率を優遇して数%高くしてもらえることがあります。毎回は難しいかもしれませんが他社を利用されるくらいならちょっとサービスしてリピーターになってもらいたいと思うのは業者にしたら当然のことなのです。

リピーターは換金率が上がることも

初めて利用した際に換金率UPクーポンや換金率UPコードなどを発行する業者もあります。ただ口約束のように「次回から換金率をあげますよ」言われても本当に上げてくれるかはわかりません。そうした好意を疑うことはあまり良いことではありませんがクーポン券や優遇コードなどを発行してくれたほうが信用度は間違いなく高いと言えるでしょう。

どうしたらリピーターを優遇してくれる業者を見抜けるのか

  • 直接話した対応が良い
  • 具体的な提案をしてくれる
  • 質問にはしっかり答えてくれる
  • 実際に初回でもそこそこの換金率

実際に利用してみないことには初めての方にはなかなかイメージしづらいことですが、以上の項目に当てはまるクレジットカード現金化業者は優良店の可能性が高く2回目以降の換金率を優遇してくれる可能性が高いといえるでしょう。

担当者と直接話した感じと抽象的ですが要するに相談にしっかり乗ってくれる話せる現金化業者は優遇してくれる可能性が高まります。また疑問に思ったことにしっかりと対応してくれる業者も良いでしょう。

こうした現金化業者は換金率も相場の範囲で低くもなく高すぎるわけでもありません。75%ほどで現金化できれば十分優良店です。